会社設立に際して用意する印鑑のサイズは? – 会社設立での印鑑情報

HOME » 印鑑情報 » 会社設立に際して用意する印鑑のサイズは?

会社設立に際して用意する印鑑のサイズは?

会社設立を登記する際に会社の代表者印の届出義務があるため、会社設立にあたって最低限1本の印鑑を用意する必要があります。
では、印鑑登録する会社の代表社印(実印)は、どのような印鑑でどのようなサイズにすれば良いのでしょうか?

一般的に代表社印は、印鑑の外枠に会社名や商店名・団体名が入って、内枠には代表取締役印や代表者印と入ります。
また代表社印以外に、印鑑の内枠を取締役印・会長之印・部長之印など役職名に変えて、会社役職印として使用する会社もあります。
会社の代表社印(実印)の一般的なサイズは16.5mm〜21.0mmで、これは代表者印のサイズが登記上の制限として1辺の長さが1cm以上で、3cm以内の正方形に収まるものとなっているためです。
ちなみに、一般的に流通が多いサイズは18mmです。

会社設立に際しては、この代表者印があれば今後の会社の運営で押印の必要がある書類などがあっても、全てこの印鑑を使用すれば問題はありません。
しかし、全ての書類に代表者印を使用するのは現実的ではありませんし、それにより様々なリスクも考えられるので、通常は複数の印鑑を作成することになります。
そのひとつに会社が法人口座を開設する際に銀行に届け出たり、預金の支払いや手形・小切手に押印したりする印鑑の銀行印があります。
この銀行印のサイズは、会社の実印と区別するため一回り小さな16.5mm〜21.0mmで、印鑑の外枠に会社名や商店名・団体名が入って、内枠に銀行之印の文字が入ります。
ちなみに、一般的に流通が多い銀行印のサイズは16.5mmです。

もう一つ用意しておきたい印鑑が、会社実印より少し大きめの会社名だけを彫った四角い印鑑が社印で、会社の契約書・領収書・注文書・稟議書など、最も多く使用される印鑑です。
社印の一般的なサイズは18.0mm〜24.0mmで、一般的に流通が多いサイズは24mmです。
これ以外に印鑑としての機能を果たすものではありませんが、会社名・本店所在地・代表者名・電話やFAX番号が彫られているゴム印も用意しておくと重宝します。