会社設立と共に法務局へ会社の印鑑登録をする – 会社設立での印鑑情報

HOME » 印鑑情報 » 会社設立と共に法務局へ会社の印鑑登録をする

会社設立と共に法務局へ会社の印鑑登録をする

一般的に会社設立の登記申請をする際に、それと共に法務局に印鑑届出書を提出して、会社の印鑑つまり代表社印(実印)を登録します。
個人の印鑑登録なら居住する市区町村の役所になりますが、会社の印鑑登録は会社設立と同様に管轄の法務局になります。
それから印鑑届出書は会社設立の登記申請に添付する書類ではないので、同時に申請しなくても本来は良いのです。
しかし、通常は会社設立の登記申請と一緒に申請するケースが多いです。

印鑑届出書に押印された代表社印が法務局のコンピュータにそのまま登録されることになります。
その為、万が一サイズが不適格だったり照合に適さなかったりする場合には受理されないので注意が必要です。

このようにして会社設立登記の申請書と一緒に法務局に会社実印の登録申請を行ったら完了ではなくて、次にしなくてはならない作業があります。
それは会社の印鑑証明書を取得する際に法務局の窓口で呈示する必要がある印鑑カードの発行を申請することです。
印鑑カードを取得する方法は簡単で、印鑑カード交付申請書を作成して法務局の窓口に持参するだけです。
ただ、個人の印鑑カードと違って即日発行されるのではなくて、会社設立の登記が完了してからになりますし、その為印鑑証明書の入手も会社設立の登記が完了してからになります。
ちなみに、会社設立の登記の完了に関しては特に連絡がないので、終了予定日まで何の連絡がなければ完了と考えられます。

印鑑カードを取得したら早速法務局でカードを使用して、会社の印鑑証明書の交付を受けると良いです。
印鑑証明書の提出を求められることはあまりないですが、会社設立時では銀行に法人口座を開設する際に求められることがあるので、数枚まとめて交付してもらうと良いです。
また、今後は不動産の売買・担保の設定・契約の時などで印鑑証明書が求められることもあります。
法務局での印鑑証明書の取得方法には何種類かあるので、それらを知っておくと今後役立ちます。