会社設立時には代表社印を印鑑登記する必要がある – 会社設立での印鑑情報

HOME » 印鑑情報 » 会社設立時には代表社印を印鑑登記する必要がある

会社設立時には代表社印を印鑑登記する必要がある

会社設立時に会社を登記するために申請しますが、それと共に会社の代表社印(実印)の印鑑登録も必要になります。
個人でも居住する市区町村役所に印鑑登録するのと同様に、会社も法人として法務局に印鑑登録をしなければならないのです。
その理由は、会社では重要な書類にサインをするという場面が少なくないもので、その際に会社の代表者印を用いなければならない場合もあるからです。

会社設立時の印鑑登録のタイミングとしては、一般的に会社設立の登記申請をする時に、登記申請の書類と一緒に印鑑届書を提出することが多いです。
その際に提出する印鑑届出書には、会社の商号・住所・代表者名など会社設立の情報を記入する必要があります。
そして必要事項を記入したら登録する代表者印を押印するのですが、その際にはしっかりと印影がきれいに分かるよう押印するように心がけることです。
その理由は、その印影がそのまま法務局のコンピューターで読み取りするからで、万が一読み取りできなかった場合には印鑑登録が受理されずやり直しになる可能性があるからです。
いよいよ会社設立してスタートするという時に、印鑑登録をやり直すとなれば今後の雲行きが気になってしまうので、確実に押印することをおすすめします。
ちなみに、印鑑届出書は会社設立の登記申請の添付書類ではないので、必ず一緒に提出しなくても良いのです。

会社の実印は一般的に外側に会社名が、そして内側には代表取締役之印と刻まれていて、代表者の氏名が入ることはありません。
その為、会社の代表者が変わった時に作り直す必要はありませんが、何らかの理由で代表社印を変更する場合には改めて印鑑登録をする必要があります。
それから印鑑登録が完了したら今後印鑑証明書の交付を受けるのに必要となる印鑑カードの交付申請手続きをして取得しておく必要があります。
いずれにしても印鑑登録が完了すると代表社印として効力を発揮することになって、会社にとっては重要な印鑑になるので取り扱いにはくれぐれも注意する必要があります。