登記申請と共に必要になる印鑑届出書 – 会社設立での印鑑情報

HOME » 印鑑情報 » 登記申請と共に必要になる印鑑届出書

登記申請と共に必要になる印鑑届出書

会社設立の登記申請に添付する書類ではありませんが、申請書類のひとつとして印鑑届出書というのがあります。
この印鑑届出書というのは、会社の代表者印(実印)の印鑑登録をする際に必要となる申請書類で、この届出をして受理されると会社の実印として印鑑登録されます。

申請に必要になる印鑑届出書の用紙については、法務局でもらうことができるので、そこで手書きして登録する会社代表印とすでに登録してある会社代表者個人の実印を押印して提出することができます。
また法務省のホームページには、エクセルとPDFの印鑑届出書の書式がダウンロードできるようになっているので、それを利用することも可能です。
記載例も掲載されているので参考にすると、間違いなく記載することができます。

通常、印鑑届出書は会社設立登記申請書と同時に提出することが多いので、会社の代表者印は会社設立登記申請時までには作成しておくと良いです。
会社設立の前に事業年度を決めたり、役員を決めたり印鑑以外にも準備が大変なので早めに準備しましょう。

個人の実印は一般的に名前が刻まれていますが、会社の実印は一般的に外側には会社名が、そして内側には代表取締役之印と刻まれます。
ちなみに印鑑届出書に押印されたものが法務局のコンピュータにそのまま登録されることになるので、くれぐれも押印する印鑑を間違えないように注意することです。
また登記完了後に印鑑カードを取得することで、会社の印鑑証明書の発行ができるようになります。

印鑑届出書に押印する代表者印ですが、印影の線が極端に太かったり細かったり、また印影が複雑すぎたりする印鑑は、照合に適さないという理由で受け付けられない可能性もあるので注意が必要です。
その為、代表者印については鮮明に押印することが可能な印鑑を作成することが重要です。
また代表者印にはサイズの決まりがあって、辺の長さが1?以上で3?以内の正方形に収まるものでなければなりません。
このサイズの決まりに違反する代表者印はサイズが不適格という理由で受け付けられないので注意が必要になります。