会社設立にはどのような印鑑が必要になるのか? – 会社設立での印鑑情報

HOME » 印鑑情報 » 会社設立にはどのような印鑑が必要になるのか?

会社設立にはどのような印鑑が必要になるのか?

会社設立にあたって最低限必要になる印鑑は1本で、それは会社を登記する時に代表者印の届出義務があるからです。
また、会社設立後の運営において押印の必要がある場合に、全てその印鑑を使用することができるので、1本で何ら問題はないのです。
しかし現実的には、全ての書類に代表者印を使用することは考えられないことで、一般的には代表者印(法人実印)・銀行印・社印といった複数の印鑑が必要になってきます。

なぜ複数の印鑑が必要になるのかは、それぞれの役割や用途を知ると理解できます。
登記申請書を提出する際に登記所に届け出る印鑑が代表者印で、会社の実印ともいわれる重要な存在になり、会社設立後に印鑑証明書の交付を受けるとその印影が証明書に載るのです。
代表者印の大きさについては、1辺の長さが1cm以上で3cm以内の正方形に収まるものと登記上の制限があるので注意が必要です。
また、会社の代表者が交替した場合には代表者印を変更することは可能ですが、基本的には替える必要はないのです。

銀行印はその名が示す通り銀行の法人口座の開設に必要となる印鑑で、銀行取引の際に使用することになります。
代表者印でも良いのですが、銀行取引の際に紛失したり、悪用されたりするリスクがあるので、銀行取引専用の印鑑を作る必要があると言えます。
代表者印と違ってサイズの制限はないですが、代表者印と区別するためや使用頻度が高いので、一般的には代表者印よりも一回り小さく作成します。

社印は請求書や発注書の発行など日常の業務において最も多く使用される印鑑で、会社の認印として利用されていると考えても良いです。
また一般的に社印は正式な会社名が彫られた四角い印鑑で作成されることから角印とも呼ばれています。
社印は必ずしも会社設立の時に作成する必要はないですが、先にも触れたように代表者印をむやみに使用するとリスクがあるので、日常業務用としての印鑑を用意しておくと便利です。
ちなみに、社印についてもサイズの制限などは特にありません。