:印鑑情報 の記事一覧 – 会社設立での印鑑情報

HOME » 印鑑情報

印鑑情報

会社設立で使える格安の印鑑

会社設立では専用の印鑑がどうしても必要になります。
それはいつ、どうやって用意するのかというと、起業する人が起業前に用意しておくのが基本です。
つまりはこれも必要経費として捻出する必要があるのですが、費用に余裕がない人など、つらいところでしょう。
あまり余裕がないときには、格安の印鑑を使うことも考えるといいかもしれません。
Click≫ 『会社設立で使える格安の印鑑』

会社設立に必要な印鑑

会社設立にあたっていろいろな手続きをしていかなければならず、まずこの手続きの流れに沿って進めることが基本になります。
そして会社設立手続きを進めて行くとき、会社スタートしてからも欠かせないアイテムが印鑑で、印鑑の準備は会社設立手続きをする前にしておくとスムーズになります。

印鑑を準備するくらい簡単なのでは?と思うかもしれませんが、会社設立に必要な印鑑は一般的な印鑑ではなく、専用の印鑑になりそれぞれ異なる役割を持っています。
ですからただ必要な印鑑を揃えるだけでなく、それぞれどんな場面で必要になるのかも覚えておかなければなりません。

そこでここでは会社設立に必要な印鑑を紹介していきますので、会社設立を考えている人は参考にしてください。
はじめに会社にとってもっとも重要度の高い印鑑に「実印」と呼ばれるものがあります。
Click≫ 『会社設立に必要な印鑑』

会社設立に必要な印鑑の種類

日本は印鑑社会と言われるくらいいろいろな場面で印鑑を使いますが、これは会社設立をするときにも言えることで、会社設立するときにはいくつかの印鑑を用意しなければなりません。
そこでここでは会社設立時に必要になる印鑑の種類を紹介していきますので参考にしてください。

まずひとつめは代表者印(法人実印)というもので、これは登記をする際に法務局へ届出をしなければならないもっとも重要な印鑑と言っていいでしょう。
文字通り法人を代表する印鑑ですから特別な場面で使われることが多く、たとえば法人でマンションや一戸建て・土地などの不動産を購入・売却するときや、自動車を購入したり、公正証書の作成をするときなどがあげられます。

Click≫ 『会社設立に必要な印鑑の種類』

会社設立の印鑑費用

印鑑は何事においても大事な道具になります。
これから会社設立してビジネスを行うためには、なおさら大事なものです。
印鑑なしではビジネスが難しいため、会社設立前には法人用の印鑑を用意するのが基本となっています。
つまり印鑑費用は事実上、会社設立費用に含まれると思って良いでしょう。
Click≫ 『会社設立の印鑑費用』

会社設立と共に法務局へ会社の印鑑登録をする

一般的に会社設立の登記申請をする際に、それと共に法務局に印鑑届出書を提出して、会社の印鑑つまり代表社印(実印)を登録します。
個人の印鑑登録なら居住する市区町村の役所になりますが、会社の印鑑登録は会社設立と同様に管轄の法務局になります。
それから印鑑届出書は会社設立の登記申請に添付する書類ではないので、同時に申請しなくても本来は良いのです。
しかし、通常は会社設立の登記申請と一緒に申請するケースが多いです。
Click≫ 『会社設立と共に法務局へ会社の印鑑登録をする』

会社設立で作成する印鑑の費用は?

会社設立するにあたって必要となる印鑑は、会社設立登記する際に代表者印の届出義務があるため、最低限代表者印の1つだけ用意すれば良いのです。
また、会社設立後の運営において押印の必要がある書類などがある場合も、全てこの印鑑を使用すれば1つの印鑑で問題はないのです。
しかし現実的には、銀行の口座開設や手形・小切手などに使用する銀行印、日常業務で使う一番身近な印鑑といえる社印など、複数の印鑑を用意する必要があるのです。
Click≫ 『会社設立で作成する印鑑の費用は?』

会社設立後に印鑑証明を取得する方法は?

個人が市区町村に印鑑登録するのと同様に、会社設立をしたら法務局に印鑑届出書を提出して印鑑登録する必要があります。
登録できる印鑑は、一辺の長さが1cm以上で3cmの正方形に収まる大きさという決まりがあって、登録することで会社の代表者印(実印)として効力が発生します。
ちなみに代表社印は丸形で一般的に円の内側に代表取締役之印の文字があって、外側の円に会社名が刻印されています。
Click≫ 『会社設立後に印鑑証明を取得する方法は?』

会社設立時には代表社印を印鑑登記する必要がある

会社設立時に会社を登記するために申請しますが、それと共に会社の代表社印(実印)の印鑑登録も必要になります。
個人でも居住する市区町村役所に印鑑登録するのと同様に、会社も法人として法務局に印鑑登録をしなければならないのです。
その理由は、会社では重要な書類にサインをするという場面が少なくないもので、その際に会社の代表者印を用いなければならない場合もあるからです。
Click≫ 『会社設立時には代表社印を印鑑登記する必要がある』

印鑑の費用の勘定科目は?

会社設立時に必要となる費用は法人の経費として反映されることになりますが、会社設立準備開始から会社設立までと、会社設立から営業開始時までの時期で費用の勘定科目は異なります。
会社設立準備開始から会社設立までにかかった費用は創立費とし経理処理されることになります。
一方会社設立から営業開始までにかかった費用は開業費として経理処理されます。
その費用の一例としては、営業開始に関係する研修費用・広告宣伝費・印鑑や名刺の作成費用などがあります。
Click≫ 『印鑑の費用の勘定科目は?』